信頼関係

ちょっと今、*ist D との距離感が微妙である。以前はどこでも持ち歩けるコンパクトデジカメ、そして大事な時に持って行く *ist D と使い分けていたのだが、FinePix F10 を買ってからはその辺が曖昧になった。というか同じような場所を撮っても結果が良いのはいつも F10 の方だ。条件さえ良ければカミソリのように鋭い描写をするし、多少の悪条件でもギリギリまでしっかりした色を残す。ホワイトバランスはオートのままで1回も外れたことはない。しかも同じ感度、同じシャッタースピードで撮っても F10 の方がブレる確率が低い(あくまでも自分が使った場合)。要するに *ist D の出番は F10 がカバーしきれない広角や望遠、そしてフルマニュアルやバルブ撮影しかないのである。

そうなってくると、今まで満足していた AF 性能や画質にもちょっと疑問が湧いてくる。もしかして微妙に AF がズレているのではないかと疑い、MF と比較撮影してみる。絞りも色々変えてみる。そしてそのどれよりも F10 で撮った画像の方がしっかりピントが合っていたりすると、カメラの性能自体を信頼できなくなってしまうのだ。まあ被写界深度の違いがあるので AF の善し悪しを簡単に決めることはできないのだが、問題はそこではない。不思議なもので、カメラへの信頼が少し揺らいだ途端、そのカメラで撮った写真がいかにも生気のない、まるでテスト画像のようなものばかりになってしまう。しかもブレ、意識しない傾きなどの失敗が多くなる。最近、*ist D で撮った写真が少ないのはそういう理由である。

ペンタックスにカメラを送れば、人間ドックのように総合検診をしてくれるものなのだろうか。なんとなく AF でも MF でもピントが合わないような気がする、もしかしたら思い込みかもしれないけど、などというような曖昧な修理依頼ってのはアリなのかな。

あ、そうだ。ゴミ取りのついでに点検しといてね、と頼めばいいかも。