札幌 0-1 新潟 ちょっとヤバめ

ダヴィの退場はねえ、目の前で頭突き見せられてカード出さないわけにはいかないよねえ。伏線となることはあったのかもしれないけれど、あのレッドには文句つけられませんです。

で、前半から10人になって、しかもダヴィがいないという状況としてはきちんと(注:札幌にしては)攻撃と守備のバランスが取れていたんですけどね、じゃあ11対11ならなんとかなったかというと、そうも思えないところが悩ましい。

結果的には1本のアンラッキーなセンタリング崩れが勝敗を分けたわけですが、前線からのプレスが全く無いにも関わらずロクに攻撃を仕掛けられない状況の新潟相手ということを考えると、普通のチームなら1人少なくても1点や2点は軽々奪えているところかなあと。ということで、次節の浦和戦が非常に怖いわけです。意外に開き直って勝ったりしてくれれば嬉しいけれど、いやいや高望みはやめとこう。とりあえず次は奇跡の引き分け以上希望。